MENU

【城崎温泉】旅館選びに迷ったときに!旅館を選ぶポイント7選

城崎温泉は人気の観光地ですが、有名な旅館や人気の旅館も数多くあり、どこに泊まろうか迷ってしまいますよね。グルメもいいし、観光しやすいところがいいし、お部屋や景色も気になるし。。。と、あれこれ考えてしまうと調べることも多くて、旅行を楽しむどころではなくなってしまいます。そこで、この記事では、旅館選びに迷っている方が旅館を選びやすくなるように、城崎温泉で旅館を選ぶ時にチェックしたいポイントを紹介します。

目次

アクセス

 城崎温泉の観光の魅力はなんと言っても「7つの外湯」ですね。7つの外湯とは、「さとの湯」、「地蔵湯」、「柳湯」、「一の湯」、「御所の湯」、「まんだら湯」、「鴻の湯」のことですが、これらの湯は徒歩20分圏内に集中しており、その付近に人気の旅館も集まっています。城崎温泉全体が、「まち全体が大きなお宿」という考えで観光地の整備がされているため、人気の観光地は旅館や駅などからも近くなっています。

 観光地がほとんど旅館の近くにあるので、観光地のすぐ近くに泊まりたい場合は、温泉街のある大谿川(おおたにがわ)付近がおすすめです。

城崎温泉街のど真ん中:森津屋旅館

森津屋旅館は、城崎温泉街のど真ん中に位置しており、ロープウェイや7つの外湯からのアクセスもよく、世界中の観光客から人気の旅館です。アクセスが良いのも人気の理由の一つですが、茶室での茶道体験や浴衣の貸し出しなど、温泉街ならではの情緒あふれる過ごし方が楽しめるのも魅力的です。

景色

 城崎温泉の魅力は、温泉街の景観にもあります。春夏秋冬で様々な魅力を感じられる柳並木の美しい温泉街の風景は、文豪「志賀直哉」からも愛されたほどで、大谿川(おおたにがわ)付近の旅館では、部屋からもそんな温泉街が眺められます。景色を重視したい方は、大谿川(おおたにがわ)沿いの旅館がおすすめです。

城崎の風情を存分に味わえる宿:まつや

まつやは、7つの外湯の一つ「一の湯」の目の前に位置しており、大谿川(おおたにがわ)の柳に囲まれた風情ある佇まいの旅館です。旅館正面の景観や窓からの景色が楽しめるのはもちろんのこと、坪庭付きのお部屋もあり、お部屋で過ごす時間が存分に豊かな時間となり、上質な旅行になること間違いなしです。

お部屋

 歴史ある城崎温泉の旅館は、古い趣のある建物の旅館や、大正文化が感じられるモダンな作りやテイストの旅館など様々ありますが、ゆったりとした時間を過ごしたいと考える方には、「客室露天風呂付き」や「庭付き」のお部屋がおすすめです。「西村屋本館」や「西村屋ホテル招月庭」はその中でも人気の旅館で、お部屋の写真を見れば誰もが「一度は泊まってみたい」と憧れを持つはずです。

歴史と伝統を今に伝える:西村屋本館

西村屋本館は、創業160年の歴史ある旅館です。現代に至る城崎温泉の歴史を共に歩んできた旅館であり、お部屋・料理・サービス、何をとっても一流の旅館です。中国式を取り入れた一風変わった大浴場などもあり、単なる老舗の旅館とは一線を隠した存在感があります。観光客に寄り添った視点も取り入れ、歴史と共に進化し続ける憧れの旅館に泊まることで、期待以上の満足度が得られることかと思います。

料理

 城崎温泉で有名なグルメは「但馬牛」と「香住がに」です。但馬牛は、しなやかで締まりのある上質なお肉で、サシはまさに「とろけるような味わい」です。また、近畿地方では香住漁港のみで水揚げされる新鮮な香住がには、特徴的な甘みを持つベニズワイガニよりもさらに濃厚な甘みがあると高く評価され、香住がにを食べるために城崎温泉に通う人もいるほどです。これらのグルメは、城崎温泉近くの旅館では部屋食として用意されるところも多いので、グルメも楽しみたいという方は「但馬牛」と「香住がに」があるプランを選ぶと良いでしょう。

ロビーが和モダンで可愛い:月本屋旅館

温泉街の中央に位置する月本屋旅館は、リニューアルによって和モダンのテイストを取り入れており、若い方にも人気の可愛い内装の旅館です。可愛い内装でありつつ、お部屋食として「但馬牛」と「香住がに」を両方楽しめるプランも用意されており、料理を重視するならおすすめの旅館です。人気の観光地からも近く、比較的リーズナブルな旅館ということで、学生や若いカップルなどにも受け入れられる素敵な旅館です。

観光

 城崎温泉には「城崎国際アートセンター」、「城崎文芸館」、「温泉寺」、「城崎麦わら細工伝承館」、「極楽寺」、「太田垣士郎資料館」、「四所神社」、「温泉寺宝物館」などの人気の観光地があります。どの観光地も旅館からアクセスが良いですが、これらの観光をメインにするのであれば「城崎温泉駅」から近い旅館がおすすめです。「7つの外湯」や「城崎ロープウェイ」をメインとするのであれば、温泉街のある大谿川(おおたにがわ)付近の旅館がおすすめです。

駅から徒歩3分の温泉宿:三國屋

三國屋は、城崎温泉駅から大谿川(おおたにがわ)に歩いて向かう途中にある、玄関前に置かれた人力車が目標の温泉宿です。駅や観光地からのアクセスもよく、比較的小規模ながら3つの貸切風呂があるのも特徴です。また、観光客には嬉しい「全部屋Wifi完備」となっており、写真の整理やSNSへ旅の記録をアップするのもストレスフリーにできます。お子様用の浴衣や甚平があるなど、ご家族連れの方にも人気の観光宿となっています。

アメニティ

 旅館にもアメニティのクオリティを求めたいですよね。特に女性の方は化粧品や洗剤など、メインとは考えていなくても、素敵なアメニティだと気分も上がるし、旅行全体の満足度が上がりますよね。白山 はなれ「里山の四季」では、高級ホテルやエステサロンでも使われる「エラバシェ」の化粧品が備えられています。エラバシェは、マダムエラバシェが開発したお肌に優しい化粧品で、宿泊者の口コミでも高評価なものが多いです。せっかく旅館を選ぶ上では、ぜひ気にしておきたいポイントですね。

6部屋だけの静かなお宿:里山の四季

白山 はなれ「里山の四季」は、城崎温泉駅から、温泉街とは逆方向の南側に向かった旅館です。なんと部屋数が6部屋しかなく、宿泊客がかなり限定されているのが特徴です。ノスタルジックな雰囲気が漂う古民家風の趣ある建物に、信楽焼露天風呂付の客室など、大人の温泉旅行にうってつけの旅館です。大切な人と過ごす素敵な時間をワンランクあげた上品な時間にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。旅館選びにしても、旅の目的や重視するポイントは人それぞれかと思いますが、この記事を読んで「そんな旅館の選び方があったのか!」と納得していただき、あなたの旅がもっと素敵なものになるといいなと思います。

  • URLをコピーしました!
目次