MENU

下呂温泉で旅館を選ぶポイント

有馬温泉や草津温泉に並ぶ「日本三名泉のひとつ」と称された現代でも有名な温泉地である下呂温泉。
有名温泉地ですので、様々な旅館やホテルが軒を連ねています。
多くの旅館やホテルの中からひとつに絞るのは大変ですよね。
この記事では下呂温泉に宿泊する際、旅館・ホテル選びのポイントをまとめています。
是非参考にしてください。

目次

下呂温泉で旅館を選ぶポイント

①温泉で選ぶ

下呂温泉への旅行はやはり「温泉」がメインなのではないでしょうか?「美肌の湯」とも言われる上質なお湯を堪能するために、旅館・ホテル選びでは是非どんな温泉があるのかに着目してみてください。

旅館・ホテルで温泉に関して着目しておくべきポイントは大きく3点に注目してはいかがでしょうか?

・源泉かけ流しであるか

・内湯や露天風呂は何時から何時まで入れるか

・家族風呂などはあるか

どのポイントにこだわりたいか、記事を参考にぜひ検討してみてください。

源泉かけ流しであるか

まず「源泉かけ流しであるか」ですが、温泉は源泉から湧き出した後、旅館やホテルによっては循環器具などにより濾過されたり、加温・加水・消毒されたりした後にお風呂へ運ばれるケースがあります。

「源泉かけ流し」の定義は、実は温泉団体や地域によってさまざまで、全国・全団体共通の定義が無い状態です。

一般的な「かけ流し」の定義は、循環濾過されていなく、源泉からの温泉をそのまま浴槽へ流しているもののことを指します。「循環濾過」とは湯量をコントロールして排出された温泉の不純物を取除いた上でろ過したものを再利用することを指します。「加水・加温」「消毒の有無」は「源泉かけ流し」の定義をさらにあいまいにしている状態です。

下呂温泉は、昭和49年から温泉保護のために温泉の集中管理を行っており、55度の温泉を各旅館に配湯しています。泉質は単純温泉(アルカリ性単純温泉)で、リウマチ・運動機能障害・神経症・神経麻痺・病後回復・疲労回復などへの効能があるとされており、さらに「美人の湯」としても有名です。

アルカリ性単純温泉でph値が非常に高い(ph9.18)下呂温泉は、肌の古い角質を取る働きがあるとされています。phが高いほど肌の角質を落とす効果があるとされており、そのため、入浴後はお肌がつるつるになります。

「循環濾過」や「加水・加温」「消毒の有無」などの状態がダメとは言いませんが、せっかくなので下呂温泉の手を加えていないフレッシュなお湯を楽しんでみませんか?

ホテルのHPには温泉の処理に関して明記されていることが多いため、是非一度確認してみてください。

内湯や露天風呂は何時から何時まで入れるか

せっかく温泉旅行に来たのに、温泉に入れる時間に制限が出てしまうのは悲しいですよね。

旅館・ホテルの温泉に関する説明のページを見ていただくとわかりますが、大浴場への入浴は23時までで、朝は6時から・・・など、夜の時間帯の利用を制限している場合も多くあります。

しかしながら、旅館・ホテルによっては24時間好きな時間に温泉に入れる施設も多くあります。

入浴可能時間が長ければ、宿泊客の入浴時間もある程度分散されたり、人があまりいない時間を狙って入浴すれば、広い大浴場や露天風呂をまるで貸し切りのように利用することも可能でしょう。

時間を気にせずにゆっくりと何度も温泉に浸かりたい方は、ホテルのHPに書かれている入浴可能時間を是非チェックしてみてください。

家族風呂などはあるか

恋人との旅行の場合、男女わかれて温泉に入るのではなく、一緒に楽しみたいという希望はありませんか?また、家族旅行の場合も子供と周りを気にせず温泉に入りたい・・・などの希望があったりするのではないでしょうか。

大浴場などは多くの人が利用しますが、家族風呂がある旅館・ホテルは多く、時間制で予約をするとプライベートな空間でゆっくりと温泉を楽しむことが可能です。

デメリットとしては、時間予約制のため、予約のタイミングによっては好きな時間帯で予約が取れなかったり、すでに全枠埋まっていて利用自体ができなかったりするケースが考えられます。家族風呂を利用したい方は早め早めの予約をおすすめします。

温泉を楽しむために是非家族風呂を利用してみてください。

②ホテルの立地や客室で選ぶ

ゆっくりと過ごす下呂温泉での時間。観光スポットへ行った後ホテルでゆっくりとくつろぐ時間を大切にしたいですよね。

下呂温泉には低価格なホテルから高級旅館まで様々な旅館・ホテルが軒を連ねています。

ご自身の旅行スタイルにあわせた旅館・ホテルを選びましょう。

下呂駅に近いホテル

車での移動でない方は、下呂駅から徒歩圏内の旅館・ホテルはいかがでしょうか?

下呂駅周辺は日帰り温泉施設や観光スポットもあり、街歩きに便利です。

風情溢れる下呂温泉の温泉街を浴衣で散策したり、温泉寺からは温泉街をいた一望したり、下呂温泉内にたくさんある無料の足湯スポットを巡ったり・・・と、楽しみは様々です。

下呂駅から徒歩圏内のホテルをご紹介しますので是非参考にしてみてください。

下呂温泉 睦館

下呂駅から徒歩3分の「下呂温泉 睦館」は一人旅のお客様も歓迎しているホテルです。

創業1912年の歴史あるホテルで、24時間準掛け流しのお湯を楽しむことができます。

大浴場・脱衣所のシャワーやカランからでねお湯も温泉を使用しており、下呂温泉自慢の美人の湯をたっぷりと身体に浸透させることができます。

クチコミ

客室露天風呂付きのホテル

下呂温泉ではやはりゆっくり温泉に浸かりたいですよね。

魅力のある大浴場や露天風呂、有料で入れる予約制の家族風呂など、各旅館・ホテルで様々な温泉を楽しむことが可能です。

ただ、もっと好きに自分のペースでゆっくり温泉に浸かりたい! という方には、是非客室に露天風呂がついた旅館・ホテルを選ぶことをお勧めします。

客室に温泉がついていれば、好きな時に移動せず好きなだけ温泉に浸かることが可能です。家族風呂などは時間予約制で有料であることが多いため、そのような制約に煩わされることもありません。

下呂温泉の客室露天風呂付きホテルをご紹介しますので是非参考にしてみてください。

下呂温泉 離れの宿 月のあかり

「下呂温泉 離れの宿 月のあかり」は全室客室露天風呂付きのホテルです。

お部屋のお風呂は美濃石造りの内風呂と露天風呂、足湯(全て天然温泉)があり、もうお部屋から出る必要が無いのでは?という充実ぶりです。

夕食では、最高級A5ランクの飛騨牛など、飛騨の食材や旬の魚介の懐石料理を楽しむことができます。

<クチコミ>

③料理で選ぶ

温泉旅行の楽しみの一つに「食事」がありますよね。

下呂温泉の温泉街で晩御飯を食べることもできますが、旅館・ホテルの温泉に浸かった後はゆっくりと館内で過ごしたい方も多いのではないでしょうか?

せっかく有力をホテルで楽しみたいのなら、やはり食にこだわりのある旅館・ホテルを選びましょう!

下呂温泉 懐石宿 水鳳園

「下呂温泉 懐石宿 水鳳園」は下呂温泉の高台に佇む日本旅館です。

地酒とワイン、釜戸がお出迎えをしてくれる2022年3月にオープンした「日本料理 饗茶庵 花香」では、旅館自慢の懐石料理を他のはむことが可能です。

2017年にオープンした「飛騨牛茶寮 神月」 では、飛騨牛を使用したイタリアンコース料理をいただくことができ、1日1組限定のカウンター席。ではシェフが目の前で調理してくれます。

<クチコミ>

https://twitter.com/onsenpeople/status/1462247651525554179?s=20&t=qFTOYimersWZK_G95oJceQ

まとめ

下呂温泉で旅館を選ぶポイントはいかがでしたでしょうか?

有馬温泉や草津温泉に並ぶ「日本三名泉のひとつ」と称された現代でも有名な温泉地である下呂温泉では、たくさんの旅館・ホテルがあり選ぶのが大変ですよね。

この記事を参考に是非素晴らしい温泉旅行をお過ごしください。

  • URLをコピーしました!
目次